保険を使ってAGA治療できると助かるけど・・・保険は使えるのか?

AGA・薄毛治療は保険適用できる?できたら嬉しいけど・・・

AGAは薄毛の当の本人からすれば、病気と同じように深刻な悩みです。

僕自身、長年薄毛で悩み続けてますからね。

でも、AGA治療は美容整形などと同じように、病状ではなく見た目を回復するものだと国からは見なされています。つまり保険の適用外とされ自由治療になります!

全額自己負担ってことですよね・・・

保険給付の対象にならない医療になりますので、薬剤費を含む各種費用の料金は、医療機関や調剤薬局ごとに設定されます。

ウラを返せば病院ごとに料金を自由に設定できるので、変な病院に行ってしまうと高額な治療費になりかねません。

治療方法も様々で、治療効果のエビデンスがしっかりしたものから、本当に治るのか効果の怪しい民間療法までいろいろです。

ですので、AGA治療の一つの基準として、効果・効能が証明されているフィナステリドやデュタステリドなどを使ったAGA治療を受けられるクリニックを選ぶといいでしょう。

僕自身もこれらの投薬治療の内容と料金を目安に、AGAクリニックを選びました。

クリニックでは、フィナステリドやデュタステリドを服用し、塗るタイプの育毛剤であるミノキシジルを利用して薄毛改善を目指せますが、これらの薬はすべて健康保険の給付対象にはなりませんので注意が必要です。

クリニックによっては頭皮に注射を打って、発毛効果を高める治療などもあります。もちろん保険は利きませんし、治療費も高額になるので、発毛を選ぶのかお金を選ぶのか悩みどころですね。

治療法別の治療費の目安

AGAの治療には大きく分けて投薬、塗布or注射、植毛などの治療法がありますが、金額は治療方法によって違います。

飲み薬での治療での相場として、一般によく使われるのがフィナステリドを有効成分とするプロぺシアで、プロぺシアの相場は約1ヵ月分で7000円から10000円位になります。

こちらはジェネリックのファイザーなどを使えば安く抑えることができます。といっても1000〜2000円ほど月額が下がるだけですが。

外用薬での治療で主に使われるのはミノキシジルという成分が入っている物を頭部に塗布しますが、これには毛細血管を拡張して細胞を活性化する働きがあります。

ミノキシジルでの治療の相場は約6000円位になります。

これらの成分に、様々なビタミンなどオリジナルの成分を混ぜて効果を高めたオリジナル投薬を使用しているクリニックも多く見られます。

オリジナル投薬だと大体月に1〜2万円ほどです。

フィナステリドやミノキシジル、アミノ酸、プラセンタなど発毛に有効な成分を混ぜ合わせてから直接頭皮に注入する注射治療もあります。

クリニックによって相場は違いますが、1回で数万円かかります。

お金持ちのための発毛法といえるでしょう。

植毛の相場は自毛植毛はグラフトと呼ばれる毛穴単位で移植が行われ、植毛だと値段は本数により変わりクリニックによって値段は違いますが、大体一本当たりの植毛費用が300円から1000円位掛かります。

これはかなり高額な部類に入り、治療費も100万〜200万ほどは見ておく必要があります。

僕の様な貧乏人ではとても払いきれません。

懐事情にあわせて治療法を選べばいいのですが、一般の学生やサラリーマンであれば、高額治療は難しいです。やはり、スタンダードなプロペシアなどの投薬治療が最もコスパが高いと思います。