http://www.donpepeva.com

AGAコラム

AGA治療の効果は?どれくらいで効果が出始める?持続期間は?

投稿日:

AGAの症状別の効き方の違い

AGAとは男性型脱毛毛の略称で、男性ホルモンが作用して抜け毛や薄毛を促進してしまう症状です。

薄毛になる部分は頭頂部や生え際に起こる特徴があり、それ以外耳の周りな襟足部分などには症状が出ないというのも特徴です。

AGAの治療はクリニックで行われていますが、症状と言っても人によって違いがあり、生え際(M字)型、頭頂部型 、前頭部型と症状が出る部分によっても治療の効果は異なります。

一か所だけなのかすべて当てはまるのかによっても治療の成果は異なりますが、エリアが狭いほうが効能を実感できる傾向にあり、範囲が広いと少し時間がかる傾向にあります。

効果が出始めるまでの期間

薄毛の効果を実感できるまでの期間は、個人差によるところが大きいのが実情です。

同じ薬を同じ症状の人に用いても、同じ期間で効果が出るものではありません。そのため、クリニックでは数か月から数年の間治療を続けることが推奨されています。

効果が出ないからと言って1~2か月程度であきらめる類の治療ではなく、最低でも半年程度は続ける必要がありますし、効果が出るまでに2年程度かかることも珍しくない治療です。

治療を始めると髪の毛がすぐに生えるわけではありませんが、頭皮の状態が改善するなど何らかのサインが確認できるケースもあります。

効果はどれくらい持続する

AGAの治療は、効果が持続するというよりは、薬を使っている間のみ効果を得られるという種類の治療です。

そのため、もともとの体質で薄毛になっていた場合には、薬を服用したり外用するのをやめるとまた元に戻ってしまうケースがほとんどです。

男性ホルモンが原因で薄毛が起こるAGAでは、その働きを阻害する薬を使って治療が行われます。

薬を使っている間は効果的に男性ホルモンが阻害された結果薄毛が改善しますが、使うのをやめるとまた元に戻ってしまいます。

しかし、治療を始める前よりも悪化することはあまりないという特徴があります。

薄毛治療を止めるとどうなる?

多くの方が心配している、薄毛治療を辞めた後の症状ですが、多くのホルモン療法と同様ホルモン療法と同様に、治療を始める前の段階に戻るのが一般的です。

しかし、薬を使うのを辞めたとたん突然薄毛になるわけではありません。血中のホルモンの状態が徐々に元の状態に戻る際に薄毛が進行しますので、多くの場合には治療をやめると元の状態に戻ってしまいます。

そのため、再び薄毛になることを希望しない場合には、治療を続ける必要がありますが、持病などで薬の服用が出来ない場合には薬を使うのを中止する必要がありますので、その場合には徐々に元に戻ります。

-AGAコラム

Copyright© AGAの薄毛治療を千葉県柏市の病院で受けてきた!【体験談】 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.