http://www.donpepeva.com

AGAコラム

AGA治療で使われる薬って一体どんなもの?

投稿日:

有名なプロペシア

プロペシアは、フィナステリドと呼ばれる成分が配合されている錠剤タイプのAGA治療薬で、一時期「飲む育毛剤」としてさかんCMが放送されていたことでも知られています。この医薬品を服用すると、男性ホルモンの一種であるテストステロンが5αリダクターゼと呼ばれる酵素のはたらきによって、ジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる別の男性ホルモンへと変化する作用が抑制されます。DHTは強力な男性ホルモンですが、頭部ではホルモンレセプターと結合して脱毛因子を放出するはたらきがあり、この物質の生成量を抑えることでAGAの進行を遅延させることができます。

新しい認可薬ザガーロ

ザガーロは、2016年6月に販売が開始された日本では2番目の内服タイプのAGA治療薬で、錠剤にはデュタステリドと呼ばれる物質が0.5mg含まれています。効果はプロペシアと同様で、ジヒドロテストステロンの生成量を抑制することによってAGAの症状を遅らせるというものですが、プロペシアに含まれているフィナステリドが2型の5αリダクターゼにしか作用しないのに対して、このAGA治療薬は1型と2型の両方に作用します。また、2型の5αリダクターゼを阻害する作用においても、このAGA治療薬はフィナステリドより強力であり、より高い治療効果が期待できます。

ミノキシジル

ミノキシジルは、一般的には発毛促進効果や降圧作用がある成分として知られていますが、プロペシアなどの内服タイプの医薬品とともにAGAの治療でもよく用いられています。この物質が含まれている溶液を薄毛になっている部分に塗布すると、その部分に張り巡らされている毛細血管が拡張し、血流が改善されます。これにより、毛髪を成長させるのに必要な栄養が毛乳頭まで行き渡りやすくなり、毛母細胞の生成と細胞分裂が促進されます。

この物質による発毛効果については、毛母細胞の分裂促進がこの物質に含まれている成長因子によるものであるという説が近年広まってきています。発毛に至るまでのメカニズムは解明されたわけではありませんが、発毛効果があること自体は確実であるため、実際の治療の場で積極的に用いられています。

HARG療法やメソセラピーなど

AGA専門クリニックでしか受けられない治療に、薬剤を注射器やレーザーなどをつかって頭皮に直接注入する方法があります。これは飲み薬や塗り薬ではあまり効果がないAGA患者に対して行われ、治療費が高額となっている分、高い治療効果が得られます。

この治療法で代表的なものには、育毛メソセラピーやHARG療法があります。2つの治療法の違いは薬剤を構成している成分で、前者はミノキシジルやフィナステリドなどといったAGA治療でよく用いられている成分が配合されていますが、後者はヒトの幹細胞から抽出した発毛や育毛に役立つタンパクも薬剤の中に含まれています。

-AGAコラム

Copyright© AGAの薄毛治療を千葉県柏市の病院で受けてきた!【体験談】 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.