http://www.donpepeva.com

AGAコラム

AGAとは一体なに?何が原因で発症するの?

投稿日:

AGAの本当の原因

抜け毛や薄毛の原因は、人によって異なります。

AGAとも呼ばれる男性型脱毛症は、男性ホルモンのDHTが毛母細胞に作用することで発症します。

DHTは、テストステロンに酵素が結びついた時に生成されます。

男性型脱毛症は、遺伝やストレスが原因となり発症することもあります。日本では、ストレスを抱えて悩んでいる人が多く、男性の中には、ストレスによって慢性的な睡眠不足になり、脱毛の症状が進行する人も少なくありません。

生活習慣や食生活を改善することは、男性型脱毛症の予防にもつながります。

髪の毛は、1日に100本程度なら抜けても問題はありません。ただ、毎日200本以上抜けるようだと脱毛症の可能性が出てきます。

AGAの種類と進行の仕方の違い

AGAには、頭頂部が薄くなるタイプ、額の生え際から薄くなり前頭部が徐々に薄くなって後退するタイプ、複合タイプ、M字型に薄くなっていくタイプがあります。

男性型脱毛症は、進行型の脱毛症です。放置したままでいると、症状がどんどん進んでしまうのです。ですから、男性型脱毛症の症状に気付いたら、早めにAGAの専門クリニックへ行き、専門医の診察を受けることが大事です。

早く適切な治療を行うことで、薄毛の症状も早めに改善することが可能です。

AGAの専門クリニックでは、外用薬や内服薬を使った薬物治療、発毛治療など、様々な治療が行われています。

AGAのセルフチェック法

AGAが気になる場合は、簡単なセルフチェック法があります。

以前と比べて、抜け毛が増え、何となくボリュームがなくなってきた場合は、AGAの可能性があります。

生え際の後退が目立ってきた場合や、親族にAGAを発症した人がいる場合も注意が必要です。

AGAは、遺伝的な要因によって、引き起こされる可能性が高いのです。ヘアサイクルが短くなるのも、AGAの特徴のひとつです。髪の毛は、ヘアサイクルによって成長し、抜けて行きます。ヘアサイクルが正常であれば、薄毛になる心配はないのです。

セルフチェックは、簡易的なものなので、薄毛の症状が気になる場合は、専門のクリニックで調べてもらう方が安心です。

AGAではない抜け毛・薄毛

抜け毛や薄毛の症状が出た場合、AGAではないケースもあります。

脂漏性皮膚炎の場合も、髪の毛が抜けます。この皮膚炎は、皮脂の多い部分に生じる皮膚炎で、かゆみを伴うケースが多いです。頭皮全体にフケが出て、炎症が悪化すると、髪の毛が抜けてしまい、精神的なダメージを受ける人も少なくありません。この病気の場合は、皮膚炎の治療を先に行います。炎症が治れば、頭髪も健康な状態に戻ります。

円形脱毛症は、コイン大に髪の毛が抜けてしまう病気です。この病気は、リンパ球の免疫機能が働いて、毛包組織を攻撃することが原因のひとつだと考えられています。ただ、明らかな原因は未だに判明していません。

 

-AGAコラム

Copyright© AGAの薄毛治療を千葉県柏市の病院で受けてきた!【体験談】 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.